Saigon生活

<< お葬式2 | main | 愛車の修理 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
お葬式3
 さあ、翌金曜日。

またまた10時頃おばあさんの家へ。

お棺の前に序列順に並びます。

お棺
長男 次男 三男
長女 次女  三女
四女
以下孫たち(適当に)

お坊さんの読経の合間に「チーン」と鐘がなると
一斉に頭を下げます。
(お坊さんの袈裟に穴が空いていてちょっと可笑しかった)

この日はキーボードも出現。
場が盛り上がってひと段落すると、お棺を完全に釘を打ち込みます。
このとき、現代曲を楽団が演奏して最高潮に盛り上がりました。
まるで映画のワンシーンのような・・ビデオ撮影しているからでしょうか。

おばさん達は滂沱の涙。。
それから棺を台からおろして外へ運ぶとき、現実にけろっとかえって
わあわあ、ああでもないこうでもないと大騒ぎしなががら外に出しました。
 
棺を無事外に出すとそのまま一族+近所の人たち
(おじいさんと面識のない人もいると思われる。そのくらい人が多かった)
で棺を霊柩車に収めるまでついていきます。
もともとは土葬なので、お墓まで行って土に埋めるんだそうです。

このとき、またお坊さんの読経と礼を繰り返し、
子ども達の一部(おそらく息子達)残りはバスに乗り込みます。

大型3台でいきましたがすでに近所の人たちが乗り込んでいて、
われわれの席がない!!オイオイ・・。
バス会社のひとが水やらバインミー(フランスパンサンドウィッチ)を配るんですが
足りなかったり席がなくて2人がけを3人でシェアしたり・・大騒ぎです。

しばらくしてちょっと郊外に出るると人数が多いので霊柩車のみお寺へ立ち寄りました。
しばし休憩。サトウキビジュースをかったりのんびり待ちます。

霊柩車が戻ってくると火葬場へ出発。
火葬場でまたひととおり読経をあげ、いよいよおじいさんとさよなら。
これが本当の最後、涙が止まりません。

そこへ火葬場の人がやってきて、
「今日は夜にならないと火葬できません」
おいおい、予約してたんじゃないのかい・・。

仕方ないのでおじいさんだけ置いて我々は引き上げます。
翌日息子達がお骨を引き取りに行くということになりました。

盛り上がり→現実世界への切り替えがものすごく早くてびっくりです。

あとはわいわいガヤガヤ遠足のような雰囲気でまたおばあさんの家に帰りました。
しんみり・・という雰囲気はなかったなあ。
おいおい泣くか、わいわい賑やかに過ごすか。

日本のような「厳粛」「厳か」「神聖」「しんみり」「静けさ」というのは全くないですね。
ベトナムに住み始めて、今までに経験したことがありません。

北部に行ったらあるのかもしれません。
北部は雪こそ降りませんが極寒の日もあるそうで
気候が違うことから人の気質もだいぶ異なります。

経験したことがあるひとがあったら話を聞いてみたいです。


| babatman | ベトナム文化 | 08:23 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 08:23 | - | - | pookmark |









http://ongbatman.jugem.jp/trackback/143
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
+ SPONSORED LINKS
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE