Saigon生活

<< お葬式1 | main | お葬式3 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
お葬式2
お葬式1 の続きです。

 おじいさんが亡くなったことが分かると、すぐ上司にTEL。
ベトナムはお葬式が数日間に渡ります。

知り合いのお葬式に行ったことはあるし、近所でもお葬式がありましたので
どういう感じなのかは知っていますが、実際のところ何日目に何をして
どんなしきたりがあるのかはわかりませんし、その家の経済力や家風によっても
違うでしょうから、その時点では今後の進行については全く先が見えていませんでした。
そして旦那さんも。

とりあえず翌日は朝10時頃に同居の妹らとおばあさんの家に行きました。
おじいさんは老後は長男の田舎の別荘に住んでいたので
実際はおばあさんの家になっていました。

到着すると、既にお葬式真っ最中。
ベトナムの伝統楽器とギターの生演奏も
鼓膜破壊される一歩手前の大音量のアンプ付バックミュージックに
ビデオ&カメラ撮影。
カメラマンは私達の結婚式のカメラマンでした。

おじいさんの誕生日と縁回りのよくない干支というのがあって
縁起のよくない干支生まれのひとは敷地の外で待機。
私がそうだったので、旦那さんと息子のみ家の中へ。

おじいさんは既に棺に納められていましたが、最後に釘を打ちました。
お昼ごはんにお弁当を注文して午後2時頃帰宅。

旦那さんはその夜、番をするためまたおばあさんの家へ。
24時間体制で客を迎えるため複数交代で待機。
また、弔問客が礼をしたら、同じ動作で礼を返さないといけないそうです。
ベトナムの弔問礼は人によりますが
起立→跪いて礼×3回
または
跪いたまま3礼
です。

お葬式はまた結婚式以上に弔問客が多いのでかなりの重労働になりますね。

翌日は一度午前中お手伝いさんのバイクで会社へ。
1階でお手伝いさんと息子に待機してもらいました。
その間社長やら現地スタッフやらが色々相手してくれていたようで、
息子は非常に楽しかったようです。

1時間くらいで帰るつもりがあっという間にお昼の時間。
そこそこに切り上げて、途中でパンを買って帰宅。

しばらくすると旦那さんも帰宅しまずは大事なお魚さんの世話をして
買ってきたパンを食べ、爆睡。

私は仕事半分息子の相手。

翌日はどうしようかな、どこかへ遊びに連れて行こうかとも思いましたが
午前中におばあさんの家に行くかもということになりとりあえず遊びに行くのは却下。
結局前日夜からまた旦那さんが寝ずの番だったため、午前中は
スーパーへ買い物へ行き、午後夕方からおばあさんの家へ。
お手伝いさんも一緒にタクシーで行きました。

ベトナムも町内会があるようで(恐らく公安管轄)、
そこで炊き込みがあり弔問客や家族に結構なご馳走をお葬式の間中出してくれました。
かなりおいしくてびっくり。

このあたりにななるとあんまり涙涙はなくて久しぶりの再会を喜び近況を報告し合い・・
男性客にはウィスキーも出すし宴会状態です。ビールはなかったような・・
ビール=吉事にしか出さないのかもしれません。命日には飲んでますけどね。

義母はお線香の煙と話し過ぎでのどがガラガラ。
9番目のおばさんがいつもガラガラ声なのですが、
義母のガラガラ声を聞いてああやっぱり同じ姉妹なんだと思った次第。

さあ、翌日金曜日の朝はいよいよ出棺です。

車をきれーいに並べて・・・

あっ、お父ちゃんが倒れてる!!
旦那さんの通勤服は青でヘルメットは黄色。

ピースまたつくるの大変だから・・右手は維持しつつ左手で並べなおし。

ああ〜お父ちゃんが倒れたまんまだよー

下から観察してみる。

あのー、いい加減にお父ちゃん救出してあげてください・・・

| babatman | ベトナム文化 | 13:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 13:21 | - | - | pookmark |









http://ongbatman.jugem.jp/trackback/141
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
+ SPONSORED LINKS
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE