Saigon生活

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
1dm
先日、ベトナム語の授業で長さの単位を勉強しました。
先生がさらさら〜っと黒板に書いたのがコレ↓

       1km=1cay so
       1m=1thuoc
       1dm=1tac       
       1cm=1phan
       1mm=1ly

dmっていう単位、みなさん御存じでした?
私は皆目見当が付かず、どう頭の中を引っ掻き回しても
そんな単位は出てこなくて、
”ハテハテ??”ときょろきょろしてしまいました。
でもだ〜れも不思議な顔をしているひとはいないんですよね。
韓国人もフランス人も皆さん、ごく当たり前に納得のご様子。
dmを知らないのはどうやら日本人の私ひとりのよう。。

なんだかその場で”dmってなんですかー?”と聞くのも
鼻ほじくりながら質問してる幼稚園児並みでバカ丸出しじゃないですか!!
そんなわけで質問するのも憚られ
家に帰ってコッソリ家族に聞いたところ、、

1dm=10cm なんですってよ!

ところで、ベトナムでは10=1chucという捉え方をします。
だから、ベトナム人が使う単位なのかなー?
なんて思ったら、世界共通の単位らしいですよ。
(考えてみりゃ韓国の学生もフランスの学生もフツーに聞いてましたしね)

私は筋金入りの文系だから、教わらなかったのかな〜。
理数系の方、勉強しました?

実際には、あまり使わない単位らしいですが、
でも世界では本当にごくごく常識的な知識らしいですよ。

イヤー、ベトナム侮れませんな。
(単に私が常識知らずなだけですがね。。)
| babatman | 日常 | 13:53 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
民族と環境
なんだか堅苦しいタイトルですが、
最近同じ民族でも環境によってこんなにも風貌が変わるものなのだと
思わされることがあったのでご紹介します。

今学期ベトナム語のクラスの初日。
アメリカンスタイルの女の子1名と
音楽好きらしくヘッドフォンを首から下げている男の子が1名がいました。
女の子は旅慣れしたバックパッカー風。
男の子はわたしのいとこに雰囲気がどことなく似ていました。
それで内心、久し振りに日本人のクラスメイトか?!
と思っていたら、彼らは越僑だったんですね。

*越僑:海外へ移住したベトナム人

女の子はアメリカ人。両親ともにベトナム人だそうです。
男の子はフランス人で、お父さんがフランス人でお母さんがベトナム人のハーフ。
だから本当は越僑という言い方は正しくないのかもしれません。
でも外見はまるきりアジアなので欧米の血が流れているとは
言われないとわかりません。

このふたりがもしベトナムで育ったらどうなっていたんでしょうね。
同じ人種でも、アメリカ育ち、ヨーロッパ育ち、日本育ちで
本当に雰囲気が違います。
アメリカ人は、なんとなくおおらかで開放的な雰囲気があるし
(実際はアメリカは大きいですから地域によって色々なんでしょうけどね)
ヨーロッパ育ちの子は堂々とした中にも繊細さを感じるし
日本育ちの子は日本人そのものに見えます。
たとえ育った場所は当てられなくても、どの人たちも、
ベトナム育ちでないことはわかります。
人間は、知らぬまに環境の持つ雰囲気を身につけてしまうものなんですねー。
(2〜3人見ただけで言い切ってしまうのもどうかと思いますが)

彼らがベトナムで育っていたらどうなってんだろうと考えると不思議です。
現地のベトナム人のように
ナイロンのパジャマ風上下を来て街を歩いていたかもしれません。
| babatman | 日常 | 18:19 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スケッチスケッチ
皆さん「永沢まことさん」という方をご存じですか?
私は全く知らなかったのですが、とても有名な方で
スケッチについての本をいくつか出版されているそうです。
大学での専門は政治関係で絵とは関係のない勉強をされていたようですが
今は世界各地の絵を描いたりや教室をひらいたりしているそうです。

で、その方のお弟子さん筋にあたる方のHPがこちら「Sketch in Saigon」
            ↓ ↓ ↓
http://blog.goo.ne.jp/sketchinsaigon/c/3fe71f874c5c2e59bcb3ec6d42abaa1c

ご本人はベトナム人と結婚した一介の専業主婦なのですが
絵描きを目指して修行中なんだんそうです。
在越日本人向けのHPや雑誌に挿絵や漫画をあちらこちらに描いていて
ベトナム在住の日本人の中ではとても有名です。
とても温かみのある絵で、皆さんもきっと気に入ると思いますよ!
スケッチが好きっていいなあと思います。

私の身近なところでは、大学生の女の子が大学の課題作品を
出来上がるとみせてくれるのですが、芸術肌というか本当に
かわいらしく素敵な作品に仕上がっていて、
毎回本当に感心させられています。
たとえ趣味だけだとしてだけでも、周りを和ませる
作品を生み出す力があるというのは素敵なことですね。

皆さんもどうぞよかったら覗いてみてください。
ベトナム各地のいろいろな風景画も載っていますよ。
| babatman | 日常 | 16:22 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ベトナム的若者ファッション
不思議なファッション

たとえば・・
 
 シースルーのぴったりした上位で前も後ろも下着がスケスケ。
 
 腰低のジーパン。バイクに乗るとお尻の割れ目が見えてます。
 お尻は見えてもパンツが見えないのが不思議。
 いったいどんなパンツをはいているのでしょうか。。
 お尻は見えても平気だけど、パンツは見えたら恥ずかしいとか??
 もしくは履いていないとか・・?

ベトナムって貞操観念がかなり強いらしいのですが、
ファッション上の貞淑さにはあまりこだわりがないようで。。

夜バイクで散歩するときもこういうファッションチェックができるので
飽きません。

| babatman | 日常 | 12:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
雨季
今はもう雨季に入ったのでしょうか〜。
洗濯ものも屋内で干すことが多くなってきました。
湿気も強くて鬱陶しいです。。

こっちの雨ってパラパラっていう予兆がほとんどなく
いきなり豪雨が襲うんですね。
これが、熱帯地域によくあるというスコールなんでしょうね。
日本ではありえないような大粒の雨だから、
たった数分の雨でも髪はぐちゃぐちゃ、服びしょぬれ、足はドロドロ。
(トーゼン、メイクも落ちマスね唖然
だからベトナムはスッピンさんが多いのかなー)

時々、施設の公衆トイレを利用すると便器がなく水道の蛇口が
ついているだけの個室があって、何なのかな〜とずっと不思議だったのですが、
これは汚れた足(とサンダル)を洗うためのものだったんですね〜。

雨が降ってきたら、すぐバイクを止めてカッパを着て・・
時間があれば喫茶店でゆっくり雨が過ぎるのを待ちます。
外の雨を眺めながらアイスを食べたり、甘いベトナムコーヒーを飲んだりして
過ごすのもなかなか雰囲気があってオススメですぴかぴか

| babatman | 日常 | 23:14 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
道路工事
5月か6月頃には雨季が始まるそうで、今、ホーチミンは道路工事ラッシュです。
本当のところは下水管の整備のようです。
こちらの雨は、滝のようにドドーッと降り、道が川と化します。
当然、雨季となれば工事はできないわけで、
乾季中にやってしまおう、という訳ですね。

それにしても、昨年からちょこちょこ始めててはいたみたいだけど、
ここ何週間で急激にありとあらゆる道が工事でふさがれています。
その割には働いている様子がないところも多く、
新聞には、人気のない工事現場の写真が掲載されました。

順番に片づけていけば同時多発的ラッシュは
避けられると思うのですが、現場の手順なのかお上(かみ)の事情なのか。
おかげで20分で行ける道が倍以上掛かり、、疲れます。

本当に雨期の前までに終わるんでしょうかー。
| babatman | 日常 | 12:43 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
食い気と美容
エイプリルフールって昨日だったんですねー。
いつの間にか4月になって、日本は桜満開の新学期ですね。

こちらはマンゴーがそれはそれは美味しい季節です。
そして最近はほぼ毎日緑豆のぜんざいを食べてます。
この間は店で1杯、3つ持ち帰ってすぐまた1杯食べ、
翌日に更に2杯食べました、殆ど一人で!! 
ウフフ、幸せ〜〜。(食べ過ぎですね。。)
このぜんざいのおかげで私の毎日の生活もルンルン♪
安価な幸せだナ〜〜猫2

そんなに食べて、ベトナム人に呆れられないかって??
内心、呆れられていると思いますね。。多分。。
でも、私の周りは食い意地の張った人たちばかりなので
まあ、お互い様というか、何というか。。

ちょっと前にベトナム女性の美容術について
質問されたことがあるのですが、
日々ちょっとしたエクササイズをするとか、ダイエットに励むとか、
ナイですね、全く。
(ビリーズブートキャンプを紹介した時には、30秒見ただけでダウンしてましたね)

「もうこのアオザイ着られないくなっちゃったワ。あはハート
といいながら毎晩せっせと夜食を食べていらっしゃる
20代前半独身女子1名。

日本だったらとっくにお化粧に目覚めているはずの
ハタチ目前の小顔美人さんは、常にスッピン。
(もっとも、ベトナム女性はスッピンさんが多いのですが)
そしてそいsて洗顔・保湿ともにノーケア。
カワイコぶって「よくわからないの〜」
なんて小首かしげて目をぱちぱちさせてますが、
アナタそれは面倒くさいだけでしょーーーー。

「ベトナム女性は美容への関心、体型維持への執念が高い」
なんて本にはよく書いてありますが、実際はどうなんでしょ。
一般的な世間のベトナム女性は本のとおりなのかもしれませんが。。

「類は友を呼ぶ」ってことでしょうかー。
| babatman | 日常 | 22:36 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ドル安の影響
昨日は1ドル95円台にまで下がって、経済はちんぷんかんぷんですけど
何だかエライことになってますね〜〜。

大学時代に旅行した時、丁度1ドル150円台のドル高に当たってしまい、
その時はいつもの2倍経費が掛かったような感覚がしました。
それが今はドル安なんてねー。
今は米ドルよりも日本円の方が人気あるし。

ここベトナムでもドル安の影響はすごいですよ。

先日友人がは両替をしたくて*金行へ行ったそうです。

「10ドル札10枚〜?100ドル札だったらいいんだけどねー。
 無いの?う〜ん、これこれの金額でしか両替はムリだね!!」
高飛車な態度な上、レートも非常識なくらい悪かったので、
「ふんっ、じゃあ銀行行きますから結構です!!」
と店を後にしたそうです。

そして銀行へ行くと・・
「ドルは現在取引を停止しております」
「・・・・」。

-------------------------------------------------------------------

*「金行」とは外貨両替の商売もする、私営の貴金属店。
 タイにもありましたから、東南アジアでは一般的なのかもしれません。
 金行のほうが銀行よりもレートが良いそうです。 
| babatman | 日常 | 19:17 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
夜のおやつ
前回書いた学校帰りのバイク運転の後、中華街へ行ってきました。
安くて美味しいものが沢山ある中華街、ちょっと遠いけどよく行きます。

中華街に着いたらまずはラーメン。
小どんぶり1杯で¥150程。えっ?!
この量だったら¥100位で食べられるはず。
絶対に高くふっかけられたと思う。次回からは遠慮させて頂きますワ。
サヨウナラ〜〜パー

続いてお向かいの小麦粉と卵の料理、こちらは¥80。安〜いびっくり
普通なら、近所のお店同士助け合って、気楽に他店の料理も持ち込み可能。
ついでに支払いも一括して持ち込んだ店に支払うこともある。
でも今回はお店同士仲が悪いらしくできなかった。
だからラーメンを食べたらバイクも自分自身もお向かいへ移動。
最後にはお寺の前の歩道で営業している豆乳屋さんへ。

今回中華街へ来た最大の目的はここの豆乳。
大豆と緑豆、そして清涼感のあるミント入りの3種類ある。
豆乳もおいしいけど、緑豆のミルクの方がとろみがあり、
こっくりした味がクセになります。
ここは一杯¥40弱。

ところでベトナムの豆乳、最初は"とてもじゃないが飲めない!"
って思ったけど、近所の美味しい豆乳屋さんのを飲んだら
凄く美味しくてそれから暫くハマッていました。
日本とはちょっと味が違います。
日本の味を忘れてしまったからなんとも説明できませんが。。
ビンでも売っているけど、激激甘だしちょっと薄い感じもするので
お奨めしません。屋台で買う方が安いし断然美味しいしお持ち帰りもできます。

沢山食べて美味しい緑豆の豆乳も飲んだし、大満足ラッキー
帰りも自分で運転、無事に家まで辿りついて気持ちも晴れ晴れ。
日本にはなかなかない習慣ですが、こういう夜のお出掛け
結構楽しいもんです。

| babatman | 日常 | 02:16 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
バイクの運転
この間、学校帰りにバイク運転しました。
路上デビューしてから4回目。
久しぶりなのでちょっと緊張しながらも、ありったけの力を籠めて
エンジン掛けて〜いざ発進!
ととと、うわ〜ふらつく〜〜!!
やっとこさ持ち直しゆっくり走ります。
お?なかなか良い感じ。
今までなかなかギアチェンジがスムーズにできず、
いつもガタンガタンとふんづまっていたのですが
今回は割と上手にできたんじゃないかなー。
でも、上手くいくときは上手くいくけど、ダメな時は本当にダメ。
ムラなくいつでも一定のレベルを保てるようにならないとなー。。

普段は後ろに乗って連れて行ってもらってるけど、
自分で運転するとやっぱり違う。
たらたら話しながら走る目の前の自転車とバイクにイラっとしたり、
信号無視して横切る暴走バイクにキレたり、まだ2歳前後と思われる
我が子の手を引いて堂々と車道を歩く父子にぎょっとしたり
(段差が多くて歩きづらいけど歩道はちゃんとあるのにね)、
巨大暴走トラックの鼓膜が破れるようなクラクションの嵐にビビッたり。
特にこのクラクション音は日本では聞いたことのないプォーン!!という
耳の奥を刺激して鼓膜が破れるんじゃないかと思うほど激しい。
この爆音に何度びっくりしたことか。逆に事故起こしそう。
本当に止めて欲しいです。。

こういうことを経験して皆家に着くと(時にはため息も漏らしながら)
ほっとしたような顔をする理由が何となくわかってきました。
無事に家まで辿り着いた〜って思うんでしょうね。
| babatman | 日常 | 16:50 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
+ SPONSORED LINKS
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE