Saigon生活

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
旧盆の様子
もうかなり前の話題になりますが・・
8月旧盆の様子です。

会社で。
8月13日の土曜日にお盆の儀式がありました。
ご先祖様が帰ってくるためにご馳走を用意してお線香を炊きます。
会社だけどやるんですね〜。

雑用係のスタッフ(本当に雑用だけするスタッフがいるのです。
掃除とか、配置換えとか郵便とか・・)が準備して社長がお祈りするのかな?
いつの間にか準備されいつの間にか終わっています。


儀式が終わると社長が終わったよーの声がかかりスタッフが
我先にと食べものを漁りに来ます・・・。


翌日曜日
朝ごはんを外に食べに行きます。
自らヘルメットも着用!

そのヘルメットはおとうちゃん用に買ったので(でもちょっと小さかった)
こーちゃんには大きくて。どちらかというとマスクちゃんとして欲しいのよね・・。

行き着いた先は中華街のボッチン屋さん。

小麦粉を練って四角く固めたものを油でネギや卵と一緒に焼く中国の料理です。

近所の様子。
お盆の提灯。全て子ども用でドラえもんなどもありました。


ボッチン屋さんの傍の集会所
富義会 と書いてあります。
垂れ幕には」「お盆の孝行 2011 午年」


お堂の中には仏様。
ベトナムは後光が蛍光灯だったりする。

こーちゃ中が怖かったみたい。

路地の様子


戦後から殆ど変わらないサイゴンの下町風景。


まだかなあ。。


待ちくたびれた・・


ゴメンナサイ、ボッチンは写真撮ってません・・。
今度撮ったらアップしまーす。
| babatman | イベント | 13:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ブンタウ団体旅行の巻
従弟はサングラスして、こーちゃんは帽子かぶって、さあ海へ!



わーい


うみーうみー!

この後も砂浜をずーーーーーっとどこまでも「うみー!うみーーー!!」
ノンストップで駆けていたこーちゃん。

そういえばホーチミンでは思いっきりどこまでも駆け回る場所がなかったよねえ。
気持ちよかったでしょう!

ブンタウの海水浴風景その


ブンタウの海水浴風景その

ご老人も海に浸かります。健康の為らしい。

ブンタウの海水浴風景その

大の大人も皆で仲良くおてて繋いで波乗り!

はい、ここでお気付きだと思いますが、ベトナム人は基本的に水着着ません。
ダサい水着売ってますが、水着着てもその上に洋服をきます。
日焼け対策、かな?
女性にとっては体型隠し?

こーちゃん転んで海にばっしゃーんと顔面からダイブ。

泣いちゃうかな?と思ったけど自分で立ち上がって、
びっくりはしたみたいですが平気な顔してました。

おじーちゃんと。


帰りはミルク工場へトイレ休憩がてら寄って買い物して、
フーミフンで中部料理食べて帰りました。

楽しかったね、こーちゃん
| babatman | イベント | 13:22 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ブンタウ団体旅行の巻
昼頃、ブンタウに到着。

ああーお腹減った!
まずはホテルにチェックイン。

両隣のベランダとの敷居が低く、行き来ができます。
団体家族向けの作りですな。
お部屋はさっぱりと品がよくて過ごしやすい。



ベランダからの景色

ね、鎌倉や熱海みたいでしょ。

遠くに見えるのは国営のペトロベトナムグループの石油タンカー。



その後、ホテル内で昼食をとることに。

でも、待てど暮らせど料理が出てこない〜。

これから準備するんなら最初からそういってよー!
ご飯と醤油だけでいいから早くだしてよー!
と皆ブーブー。

でも出てきた料理は絶品!
特に美味しかったのがコレ。
ca kho to/ 魚の土鍋煮込み

調味料はヌォックマム(魚礁)、砂糖、塩(必要に応じて)

このほかココナツ水やタピオカの粉を入れてとろみをつけることもあるようです。
最後に胡椒とネギ、唐辛子を散らして終わり。

唐辛子はまるまる一本一緒に煮込むこともあるようです。

魚が新鮮と言うのが一番なのかもしれませんが
このタレだけでご飯何杯でもいけました。


| babatman | イベント | 13:20 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
ブンタウ団体旅行の巻
さあ!ひいおじいちゃんと一緒に準備万端!
ぶぶー発車しますよー。
みんな、早く乗ってくださーい!

嬉しくって、ひいおじいさんの隣にさっさと座り込むこーちゃん。

ブンタウはこれで3回目。
ダンナさんの会社が一ヶ月に一度土曜日お休みになったので、
義母さんが「ブンタウ旅行」を計画。

ただ今プチ同居中のおじさん一家と一緒に総勢15名でレッツゴー。

<メンバー>
ひいおじいさん(義母方祖父)
おじいちゃん(お義父さん)
おばあちゃん(お義母さん)

おとうちゃん(ダンナさん)
おかあちゃん(わたし)
こーちゃん

叔母ちゃんその1(ダンナさんの妹1)
従兄

叔母ちゃんその2(ダンナさんの妹2)
叔父ちゃんその2
従弟(赤ちゃん)

叔母ちゃんその3(ダンナさんの妹3)
叔母ちゃんの彼氏

大叔母さん
大叔父さん夫婦の娘
大叔父さん夫婦の息子
大叔父さん夫婦の息子の彼女


プチ同居中の義叔父さん(大叔父さん)は
改修工事中の家の管理があるためお留守番。

構成がすごいでしょ。

彼氏とか彼女とか家族旅行に連れて行くの、
ベトナムでは結構普通のようです。
勿論部屋は別ですけどね。


| babatman | イベント | 13:14 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ダムセン公園
ダムセン公園に追記しました。
-------
今回は乗り物編。

わかりにくいけど、奥にあるのはダンボ。
 

ダンボの手前にあった上下する乗り物。(名称がわからない)


こーちゃんはおとうちゃんとゴーカートに挑戦。

色が緑とオレンジがあって、オレンジは四白眼、緑は釣り眼の怖い顔でした・・。

他の場所にはかなり大規模なジェットコースターもありました。
動いていなかったけど・・。
ダンナさん曰く「技術者である義父の友達が作った、かもしれない」そうです。
でも、ダンボといいこの上下する乗り物といい、非常〜に軽い感じで
安全性はどうなの??大きくなっても絶対にこーちゃんを乗せられないな!
今からしっかりダンナさんと家族に宣言しておきましたよ。

お義母さん曰く「中国製じゃないから大丈夫!」ということですけど、
見ているだけでドキドキなんですけど・・。

長距離の年期の入った汽車はあるけど電車はないベトナム。
電車に近い乗り物体験!ということでモノレールに挑戦。

やっぱり怖かった。落ちないかな〜とどきどきしながら乗りました。
もう乗りません。

でも、広い公園をぐるーっと回ってくれるので景色は楽しめました。
モノレールからの眺め。


モノレール乗り場の近くにはこんなものも。
闘牛の乗り物。

利用者はさっぱりでしたが、結構動きが激しくて、
子どもが独り挑戦しているところへ野次馬が大興奮。
この後、おじさん2人組みが挑戦していました。

あんまり芸術性を感じられない龍の巨大モニュメント。


これまたベトナムチックな出入り口のキャラクターの前で。
ハイ、ポーズ。


| babatman | イベント | 13:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ダムセン公園
ベトナム象です。

我々日本人が想像する象よりも非常に小ぶりですが、ベトナムにも象がいます。

ダムセン公園内に象乗り体験エリアがありました。


ぞうさんぞうさんおはながながいのね。

ほんとうにながいおはなだったねー。

象小屋


小屋というか、だだっ広いところに3匹の象が20センチくらいの鎖に足を繋がれ
一定感覚に並ばされていました。
お水もエサもなく、自由に動くこともできず、動く陳列でした。
ストレス溜りまくりだろうなあ・・。

本当に可哀想でした。

象のほかにも色々動物がいましよ。


牛、猪とその子ども達、アヒル、駝鳥。

別の小屋には熊や猿もいました。

掃除機とか、命がないのに動くものは怖いのですが、
生きているものはこわくないようです。

初めて鶏を家のトイレで見たときもへーキな顔をしていました。
※ベトナムは都会でもある一定の年齢以上ですと自宅で鶏を締めて
 調理可能です。我が家の義母さんも鶏締めるのへっちゃら。
 でも、気を遣ってくれているようで、いまだに締めるところを
 見たことがありません。一度は見てみたいような・・。

| babatman | イベント | 13:12 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ダムセン公園
4月末〜5月初めはベトナムもちょっとしたゴールデンウィーク。

歩ーチミン市内にある有名なテーマパーク、ダムセン公園へ行ってきました。
植物、動物、乗り物も沢山!
お父ちゃんが珍しく頑張って朝8時半に出発しました!

睡蓮

睡蓮は温帯と熱帯で咲き方が違うそう。
温帯は水に花が浮かぶ野に対し、熱帯のは茎が水辺から顔を出しと突き出るように花を付けます。
ポンと飛び出すように咲くのでしょう。ベトナム語はhoa sung (鉄砲花)。

睡蓮と混同しやすい蓮。
ベトナムはまだ国花が定まっていませんが、調査では国花にしたい花のトップは蓮でした。

蓮はぐーっと茎が伸びて花を咲かせます。
睡蓮の葉は切れ込みがありますが蓮は切れ込みがなく、
水を弾きます。知ってました?蓮の実ってそのまま食べられるんですよ。
ベトナムには蓮を使った飲食物が沢山。蓮茶、蓮の実の砂糖漬け、蓮の実ぜんざい、
レンコン料理にレンコンのぜんざい・・。

名前は不明ですが南国の花。


黄色い欄・オンシジウム

ベトナムで蘭は家庭でも簡単に栽培されています。
我が家にもありますが、特に世話もせず放ったらかしですが、ちゃんと花が咲きます。

おさかなさんいるかなあ?


鯉がたくさん!

ベトナム人の鯉に対する感覚は日本人に近いと思います。
年末になると台所の神様のお使いになって天に昇り一家の一年を報告します。

全くクーラーのないダムセン公園。
木陰で一休み。


3月〜5月は丁度一番気温が高く暑い時期。
この日もかなり気温が高く10時にはすっかりバテてしまいました。
食堂も屋外でクーラーのある場所がないのです。
昔のままなんですね。
逆に昔のベトナム人はこんな中で遊んでいたんだなあと思いました。

朝早くから田舎から遊びに出てきて
東屋や木陰にシートや新聞を引いてグーグー寝ている団体も
何度か見かけました↓


日本のテーマパークのように持ち込み禁止はなく
お弁当もって昼寝もしながら一日掛けて遊ぶんでしょうね。


| babatman | イベント | 12:37 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
テト(旧正月)-ブンタウのお寺前半-

ブンタウで訪れたお寺は山になっていて、仏様や大仏など色々ありました。
大体、ベトナムのお寺はひとつのお寺に仏様が何体もあって、ひとつひとつに
お線香を上げ、お参りするんです。

階段を登って本堂に着くと獅子舞をやっていました。
ベトナムのお寺って日本の神社みたいな感じなのかなあ。


だって、こんなお土産屋さんも沢山あるし・・
途中途中で簡単な食べ物や飲料水も売っていましたよ。



本道の仏様。
バックに友人曰く「パチンコ屋みたいな」後光です。
蛍光灯でやたらキラキラさせるの、ベトナム人大好きです。


氏名と生年月日をノートに書き付けてお坊さんにお経を唱えてもらう。
お経は後日お坊さんが勝手にやってくれます。
ベトナムは結婚式の日取りや相性もお寺で占うので、今年の運勢を占ってくれるのかしら
と思ったら違いました。



ミニ大仏様。



おててを合わせて〜拝みます。

お線香の両下にあるの、何でこんなところに消火器があるのカナ?
と思っていましたが、違いますね・・なんだろ。不明です。


寝仏


このお寺は袈裟がタイ風です。
大乗仏教じゃないのかもしれません。


一番上にはお化粧した観音様。
マニュキアまでちゃんとしてます。
おしゃれ観音です。


仏様や観音様をきれいにしてあげなくちゃ!というのはわかるけど
こういう方向へいくのがベトナム風。

昔はブンタウには虎がいたそうで、お坊さんたちは修行を積む為ここに
お寺を沢山建立したそうです。ブンタウ、熱海と鎌倉を足して2で割ったようなところです。

| babatman | イベント | 08:45 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
テト(旧正月)-田舎にて-
皆様、震災につきましては心よりお見舞い申し上げます。
ベトナムでも当日は勿論のこと、現在も引き続きテレビのニュースや新聞で
大きく報道され、色々な方からお見舞いの言葉を頂きました。

被災地にはすこしでも多くの物資が届くようにお祈り申し上げております。

------

さて、2月の旧正月の写真をアップします。


義父の田舎へ。親戚のお宅です。橋の下は運河です。


橋の手前には道路を挟んで元旦から雑貨屋さんが開いていました。
田舎でも元旦からお商売するようになったんですね。


橋を渡ると・・
家があります。でもこれは離れのようでした。


上の写真を撮影した側の建物。奥に台所などがあるようです。

すごいくつろぎよう・・。

頂いた日本の着物風の洋服を新しくおろしました。
すっごくよく似合っていて・・可愛い

後ろが3歳の従兄弟。彼の真似をして飛んだり跳ねたり二人で大騒ぎでした。



 
| babatman | イベント | 13:10 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
忘年会と誕生日会
 テト(旧正月)の元旦は2月3日だったのですが、その一週間くらい前に、近所で工場を経営する
義叔母の忘年会に呼ばれました。
忘年会と義叔母の嫁ぎ先のおばあちゃん(義叔母夫のお母さんではなかったので誰か詳細は不明・・)
の誕生日会も兼ねていて、お宅様どなたですか??というひとも沢山いました。

で、ケーキがものすごく大きかったのと大変に色が素晴らしかったので、
取り分けてしまう前に「ちょっと取らせてくださーい」と許可を頂いて撮ろうとしたところ、
息子さんらしき方がしっかりポーズ。

どういう関係でお名前も全く存じ上げませんが
義叔母の嫁ぎ先のご親族の方と思われる、
笑顔の素敵なおばあちゃんでした。

知りえた個人情報は73歳ということだけ。

肝心の素晴らしい誕生日ケーキ、もうちょっとよく撮りましょうね。

コレです↓

すごいでしょ?

んー、私的にはこれを子どもに食べさせるのかなり勇気が要ります。

これ、バタークリームなんですか?
ちょっと何のクリームかわかりませんが、すごい漂白ですね。

こーちゃん甘いもの好きじゃないみたいなので多分食べないと思いますけど。
(入院中ダンナさんが買ってきたもの、また別のときにも買いましたが
 どちらの時も食べませんでした。興味ナーイって感じで)。

蝋燭つけたら、孫かひ孫か達が大声で誕生日の歌を歌ってあげていました。

ハッピーバースデートゥーユー、
   ハッピーバースデートゥーユー、
   ハッピーバースデーハッピーバースデー
   ハッピーバースデートゥーユー

幸せなおばあちゃんですね



| babatman | イベント | 08:46 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
+ SPONSORED LINKS
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE